×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ワイラ

[日本の妖怪]
 ワイラ,はいら【日本語】

『化物づくし』や『画図百鬼夜行』に描かれる正体不明の妖怪。絵のみが残されていて説明などがないため、実体はよく分からない。蝦蟇(がま)が妖力を得て変化したものともいわれる。小動物を食べているともいわれる。モグラを食べているワイラを目撃したという話もある。

正体不明の怪獣わいら

鳥山石燕の『画図百鬼夜行』に描かれている謎の妖怪。牛のような身体をした妖怪で、地面に腹這いになっている絵が描かれている。その前脚には鎌のような太く鋭い鉤爪が1本ついていて、口許からは牙が覗いているが、説明が何もないため、よく分からない。『化物づくし』などの他の妖怪画にも登場しているので、何らかポピュラーな妖怪だったのかもしれないが、いずれの書物にも何の説明も書かれていない。また、どの絵も下半身は描かれないといった特徴がある。

鳥山石燕が描いたわいら
○わいら

(鳥山石燕『画図百鬼夜行 風』より)

蝦蟇が霊力を得て変化した緑色の妖怪なのだという説明をしばしば見かけるが、出典はよく分からない。また、山田野理夫の『ぬらりひょん』には、茨城県の医師である野田元斎がモグラを食べているわいらを見たという話が紹介されている。けれども、この情報の出典も不明で、もしかしたら、子供向けにつくられた山田野理夫の創作かもしれない。

《参考文献》