×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レヤック

[バリ島の伝承]
 Leyak(レヤック)

インドネシアのバリ島で、魔女ランダが使役するという使い魔。さまざまなものに変身し、人間にとり憑いて操ったり、島中に病気や災害をまき散らしたりする。赤ん坊の血や内臓を好む人喰い鬼のような存在。

島中に疫病をもたらす魔女の使い魔!!

レヤックというのは、バリ島に伝わる怪物のこと。インドネシアのバリ島は、バリ・ヒンドゥーという特殊な宗教を持った国で、周辺の国々とは異なる独特の魔物などが伝わっている。レヤックもそのうちの1つで、魔女ランダ(Rangda)が使役する使い魔たちである。ランダはぼさぼさの髪をはやし、舌をだらりと長く伸ばした魔女で、悪の権化として、災いをもたらす左手の魔術を好んで用いる。ランダはもともとは人間の女性で、恨みなどが積もり積もると、ついに魔女ランダになってしまうのだという。レヤックは、このランダの手下として、彼女の命令によって、人間にとり憑いてその人間を操ったり、島中に疫病や災害をまき散らしたりするのである。

レヤックは人喰い鬼のような存在で、人を喰らうが、特に赤ん坊の血や内臓を好んで喰らうという。変身能力に長け、さまざまなものに化けることができる。人間や家畜といった生き物だけではなく、荷車や自動車のようなものにまで化けることができるという。けれども、車輪が何となく本物とは違っていたりするなど、注意して見れば、ちゃんと見分けられるという。

《参考文献》