×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヨトゥン

[北欧神話]
 Jǫtunn(ヨトゥン)【古ノルド語】

北欧神話に登場する霜の巨人族。ユミルの子孫。ヨトゥンヘイムに暮らしていて、神々と敵対している。

神々に敵対する霜の巨人族、ヨトゥン

北欧神話に登場する霜の巨人族のこと。原初の巨人ユミルの子孫で、かつては大いに繁栄していたという。神々に対して敵対的な場合が多く、性質は非常に凶暴である。オージンたちがユミルを殺害して、その身体から世界を創ったときに、その血液の大洪水に巻き込まれて、ヨトゥンほとんどが死滅してしまった。けれども、ベルゲルミル(Bergelmir)とその妻だけは無事に生き延び、ヨトゥンヘイムに逃れていた。彼らから再び繁栄し、神々を脅かす存在になっている。